検査技術
① コンクリート非破壊検査技術
sen
配筋検査・かぶり測定は電磁波レーダ法・電磁誘導法という2種の測定方法により調査します。また、ひび割れの深さ、コンクリートの厚さ・内部の状況、コンクリートの圧縮強度の推定は衝撃弾性波試験(iTECS法)で測定を行います。
② 橋梁耐久年数調査技術
sen
橋梁の残り耐久年数を算出し、問題とされる橋梁については、100年持たせるための補強提案・補強設計を行い、その後予想される補強工事まで施工します。